企画系への転職の支援情報

企画に転職するための最適な転職サイトはこちら

リクナビNEXT [←企画系への転職成功者が選ぶNo.1の転職サイトはココ!]


先月のオファー数300万通!


転職者のおよそ9割が利用する大手転職サイト。圧倒的な求人数で隙なし!Yahoo!IDをそのままご利用いただけます。


先月の求人数
求人地域
運営会社
おすすめ度
3,209,407件
全国
リクルート
★★★★★

アデコ

世界最大の総合人材サービス企業、アデコの日本法人は1985年に設立されました。外資系の強みを生かしグローバル企業への転職に定評がありますが、日本各地にある約100ヶ所の事業所を持つことで地方での転職にも強いといわれています。首都圏だけでなく地方都市からの企画職の求人もあります。  サイト上で閲覧できるのはアデコの求人のたった20%だけです。本気で企画職求人を探すならぜひ登録して非公開求人を紹介してもらいましょう。



アデコの口コミ評判:

アデコの紹介で希望企業に転職できました。最初にネットで仮登録したさいは希望業界の求人が少なく期待してませんでした。しかし本登録後に紹介されてたネット上には掲載されない求人をいくつかご紹介頂きました。ネットを見ただけで終わりにしていたらと思うと冷や汗ものです。(32歳・男性)



海外向けの商品企画業務で転職先を探すため、いくつか求人紹介会社に登録しました。アデコはグローバル企業に強いと聞いていましたが、実際に希望職種で紹介してもらい感激です。登録して正解でした。アデコに登録するか悩んでいる人は思い切って登録してください。(28歳・女性)



アデコの対応はまあまあ、という感じ。求人は多数。希望の商品企画の求人もあった。でも気の合う担当者に当たればいろいろ面倒を見てくれるらしいが、自分の担当者はそこまでじゃなくいまいちだった。(34歳・男性)



ネットから仮エントリーしても、アデコ社内での選考に通らないと企業へ紹介してもらえないようで何度もおちました。あとで友達に紹介所の担当者とは仲良くしたほうがいいよって教えてもらったけど、アデコの担当者とはちょっと気が合わない感じでした。人によるのかも。(24歳・女性)


 


 

企画というと、商品の企画を連想する人も多いと思います。
商品企画の仕事は、消費者のアンケートや市場調査などから「この商品なら売れる!」という商品を考えるのが商品企画の主な仕事といえます。
商品企画は取り扱う商品にもよりますから幅は広いです。
メーカーですと、食品メーカー、家電メーカー、パソコンメーカーなどがあります。
自動車メーカーもそうですね。
とにかく世に出る商品はまず企画ありきだと思って間違いありません。
自動車ももちろんですが、店頭で販売されあらゆる商品を考えたらわかりやすいですね。

 

転職を考えるのであれば、このような商品を作るメーカーに転職したい、このメーカーで力を試してみたいと思うのが転職の動機ということになります。

 

他には経営企画であるとか、企画営業というものがあります。
根本的に商品企画のように企画を考えるところは一緒なのですが、企画営業はその企画を社内社外を問わず多いにアピールしてその企画を通して、最終的な目標として商品化して、店頭にその商品を並ばせることです。

 

これはサラリーマンにとってはとてもやりがいのある仕事ですね。
もうひとつの経営企画という職種はある意味、企業の中枢に位置する部署だと思ってもいいでしょう。
端的にいうと社長の経営を補佐する仕事ということになります。
当然社内的な立場も高く、収入も社長に準じるくらいの高収入になります。

 

一般的な企画という仕事も、企業を活性化させる一番手となりうる部署ですから、高収入となっている企業も多いでしょう。
それ以上に企業内のエリートコースといえるかもしれませんね。

 

企画の仕事に転職したい場合は創造力が高い人が向いていると思います。